HP3.jpg

日本伝統の花嫁スタイル

今日の日本の婚礼には時代を超え受け継がれてきた様々な
美の儀式がいきづいています
人生最大の節目であり、象徴でもある婚礼
時は変わっても私達が慶びの日に寄せる想いに変わりはありません
それは、永遠の幸せを願うゆるぎないこころ。
そして花嫁を最高に輝かせたいと願うたゆまぬ決意です

神社.jpg

花嫁和装の種類:すべてを開く

白無垢とは・・・

白無垢.jpg白無垢
白は古くから太陽の色と考えられてきた神聖な色であり
また清浄無垢を象徴する色として嫁ぐ家の家風に
合わせてどんな色でも染まりますという決意も
込められているといわれてます
室町時代頃から伝統あるおごそかで美しい衣裳です

色打掛

色打掛とは・・・

色打掛.jpg色打掛
色も文様もさまざまなバリエーションがあり
布地も豪華で重厚感のある唐織や綸子、縮緬、緞子に金銀の箔や
刺繍をあしらった華麗なものなど多種多様です

大振袖(引き振袖)

大振袖とは・・・

大振袖.jpg大振袖
江戸時代後期に武家の娘が黒地のものを婚礼衣裳として
着たことに始まり昭和30年頃まではこれに角隠しをつけた
スタイルが最も一般的な花嫁姿でした

松羅御所車紋珠光の讃流水花籠華祥爛寿春秋百花の契り